北古賀

明けましておめでとうございます。

旧年中は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

「努力は裏切らない」、新年を迎え、心新たに、親身になって、適切なリーガルサービスが提供できるように、務めていきたいと存じます。

より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

弁護士 北古賀 康博 

【理念】

  • 依頼者に満足して頂ける質の高いサービスを提供する。
  • 人を大切にし、親身になって行動する。
  • 弁護士会の活動や公益活動も行う。

【ご挨拶】

私は、弁護士登録以降、離婚や相続などの家族間の問題から、法人の法的整理(破産・民事再生)、個人の多重債務(私的整理・破産・個人再生)や交通事故などの生活上の問題、労使間の問題などに対応することを心がけています。

平成29年におきましては、九州大学 法科大学院(ロースクール)の非常勤講師として、民事再生法を担当しました。簡単なレジュメを作成する予定でしたが、準備していると、制度趣旨や実務上の留意点を時間内に口頭ですべて伝えることは困難と思い、講義メモを作成していったところ予想以上の量になりました。
破産法との比較をしていくと、倒産法全体が鳥瞰できて、楽しく思います。本年度は、もう少しブラッシュアップして、より分かりやすく伝えることができればと思っています。

同年11月には、福岡市内での「未払賃金立替払制度」の研修会(独立行政法人労働者健康安全機構・福岡県弁護士会・全国倒産処理弁護士ネットワークの共催)にパネリストとして出席しました。事例紹介を踏まえての研修会で、パネリストの私も、同制度について、より理解を深めることができました。

また、福岡県弁護士会の交通事故ゼミ(若手会員向けのゼミ)のチューターを仰せつかっていますが、皆さん熱心です。少しでもお役に立てればと思っています。交通事故委員会の中級勉強会にも出席すると、より一層、専門的知識が習得できます。いくつかの弁護士会の会務活動に参加することは、私自身の弁護士としてのスキル向上にもとても有益と感じています。

【主な取扱分野】

私がこれまで取扱ってきた主な分野は、①消費者事件、②交通事故(高次脳機能障害案件を含めた後遺障害等級認定申請なども)、③事業再生・倒産事件(個人破産・個人再生・法人破産・民事再生監督委員など)、④労働問題(労働紛争を巡る相談業務や裁判所での代理業務、企業側から不当な待遇を受けた労働者からの相談業務や代理業務など)、⑤小規模事業者・中小企業者への法的支援、⑥家事(離婚・養子縁組・離縁など)、⑦高齢者等に対する法的支援(成年後見・高齢者の財産管理・施設等の入退所を巡る諸問題など)、⑧遺言・相続、⑨建築紛争、⑩債権管理・回収、⑪契約書作成(契約締結交渉を含む)、⑫企業法務です。

また、夜間・土・日・祝祭日のご相談にも応じています。
是非、お気軽にご相談ください。